ホーム > デリケートゾーンのニオイの原因と対策

デリケートゾーンのニオイの原因と対策

最終更新日:2020.10.26

デリケートゾーンはムレやすく刺激を受けやすいため、様々なトラブルに繋がりやすい部分です。

特に、生理時などは不快なニオイが気になる方も多いのではないでしょうか。 また、パートナーに気づかれているかもと不安に思ったり、パートナーに指摘されてしまったという方も多いようです。

ここでは、デリケートゾーンのニオイの原因や対策を詳しくご紹介します。

デリケートゾーンの悩み デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンの悩み

1.デリケートゾーンのニオイに悩む女性は多い

デリケートゾーンのニオイに悩む女性は多いデリケートゾーンのニオイに悩む女性は多い

デリケートゾーンは汗腺が活発で、汗をかきやすい部位です。特に、気温や湿度が高い環境下は蒸れやすくニオイが発生しやすくなります。

また、生理やおりものといった女性特有の現象が原因となり、デリケートゾーンのニオイに悩んでいる女性はとても多くいます。

人によってニオイの原因はさまざまですが、他人とニオイを比較することもなかなか難しいため、自分のニオイに不安を感じている方もいるのではないでしょうか。

2.年齢とともに変化するデリケートゾーンのニオイ

年齢とともに変化するひニオイ年齢とともに変化するひニオイ

年齢とともに顔や手の皮膚が変化していくように、デリケートゾーンの皮膚も変化していきます。

常に下着に触れている部分でもあるため、蒸れや擦れによって刺激を受けやすく、肌環境が変化しやすい傾向があります。

【10代】

多くの女性が初潮をむかえる10代。女性ホルモンが不安定で生理リズムが崩れやすく、おりものの量にも変化が起こり始めます。

また、汗や皮脂の分泌も活発な時期のため、デリケートゾーンが高温多湿になりがちです。

【20代~30代】

妊娠・出産に向けて卵巣機能が活発になるのが、20代~30代です。20代半ばで女性ホルモンが急増し、30代半ばでピークになり、おりものの量が最も多くなる年齢です。

仕事や子育てなどのストレスや不規則な生活になりやすい世代でもありホルモンバランスが崩れやすい傾向があります。

さらに、妊娠中や出産の時期には、女性ホルモンの分泌が急上昇・急降下するため、お腹の子供を細菌から守るために、おりものもさらに増加します。

【40代~】

40代以降はこれまで活発だった女性ホルモンが減少し始めます。出産によって尿道周りの筋肉がゆるんだままだと、日常的にも尿漏れしやすくなり、雑菌が繁殖します。

また、膣内の潤いが減少し、自浄作用が働かなくなってくることもニオイが増える原因になります。

3.デリケートゾーンのニオイの原因

デリケートゾーンからニオイが発生する原因として、もちろんきちんと洗えていないという可能性もありますが、毎日丁寧に洗っているのにも関わらずニオイが発生してしまうケースもあります。

ニオイの主な原因を紹介いたします。

デリケートゾーンのニオイの原因デリケートゾーンのニオイの原因

■雑菌の繁殖

デリケートゾーンの一番の原因は、「雑菌の繁殖」です。

雑菌は「高温多湿」を好みますが、常に下着に覆われているデリケートゾーンは、蒸れやすく、汗や垢が溜まりやすいため、雑菌の繁殖しやすい環境化なのです。

デリケートゾーンや下着に付着した尿や経血、おりものなどを栄養源として雑菌のが繁殖します。

また、毛深い方もニオイ発生しやすい傾向があります。毛が多い分だけ蒸れやすくなるため、雑菌も繁殖しやすいのです。

■洗いすぎている

デリケートゾーンの肌は、粘膜と同じくらい薄くデリケートな場所です。強く洗いすぎると乾燥を招き、肌荒れがおこってしまいます。

また、ニオイが気になるからといって頻繁に洗うこともデリケートゾーンの酸性が薄まり、殺菌作用を弱め、雑菌の繁殖に繋がります。

■肉類や揚げ物の食事が多い

肉類や揚げ物は、体内で脂肪酸を発生させ、悪玉菌を増やし、アンモニアなどのニオイ物質を増やしてしまいます。

■女性ホルモンの影響

生理前になると、女性ホルモンのバランスが大きく変化し、エストロゲンの量が減ります。

ヘストロ減は皮脂分泌を抑える作用があるため、生理前は皮脂の分泌量が増えてしまいます。

皮脂が大量に分泌されると汗と混じり、細菌に分解されてニオイを発生させます。

■すそワキガ

俗にいう「すそワキガ」とは、陰部のワキガのことで、ワキから発生するワキガと発生するメカニズムは一緒です。

汗が分泌される汗腺には、「エクリン汗腺」「アポクリン汗腺」の二種類があり、この中で「アポクリン汗腺」から分泌される汗が細菌に分解されて、ツンとしたワキガ特有のニオイを発生させます。

また、尿やおりもの、経血が混じることが多かったり、ムレによっても独特なニオイを発生させやすくなります。

4.すそワキガのセルフチェック

ニオイの感じ方には個人差があり、一概には言えませんが、「タマネギのようなニオイ」「オスや納豆のようなニオイ」「生乾きの服のようなニオイ」と例えられるのがすそワキガです。

自分自身ですそワキガのチェックをしてみましょう。


すそワキガのセルフチェックすそワキガのセルフチェック

□下着の染みが黄色い

アポクリン汗腺から出る汗は、黄色く濁っていることが特徴です。
ただ、尿やおりものによって黄色い染みができるケースもあるため、黄ばんでいるからといって100%すそワキガとは限りません。
おりものシートをつけてチェックすると色が分かりやすいです。

□耳垢が湿っている

耳の中にアポクリン汗腺が多いと、耳垢が湿っていると考えられています。
耳の中にアポクリン汗腺が多い方は、ワキガ体質である可能性が高いと言えます。

□陰毛が濃い

アポクリン汗腺が多い場合、ムダ毛等が濃くなる傾向があります。
毛の多さではなく、1本1本の濃さがポイントです。

□乳首のニオイ

アポクリン汗腺は乳首にも存在しています。
乳首からワキガ特有の強いニオイがある場合は、すそワキガの可能性が高いと言えます。

5.デリケートゾーンのニオイ対策

■強く洗いすぎない

強く洗いすぎない強く洗いすぎない

デリケートゾーンのニオイ対策として、毎日きちんと洗って清潔さを保つことは大切ですが、ニオイが気になるからといって洗いすぎると、良い働きをしてくれる細菌まで流してしまいます。

ゴシゴシと洗うのではなく、泡で優しく洗うようにしましょう。


■生理用品をこまめに取り換える

生理用品をこまめに取り換える生理用品をこまめに取り換える

生理中のデリケートゾーンはナプキンで通気性が悪くなるため、雑菌が繁殖しやすい環境下にあります。

少しでもムレを改善するために、生理用品はこまめに変えるようにしましょう。


■おりものシートを使用する

下着に付着したおりものに雑菌が繁殖してニオイの原因になることがあります。

生理前はおりものの量が増えたりするため、おりものシートを利用して、できるだけ清潔な環境を保つようにしましょう。


■通気性の良い下着をつける

通気性の良い下着をつける通気性の良い下着をつける

デリケートゾーンはとても蒸れやすいため、できるだけ蒸れを防ぐ綿やシルクなどの通気性のいい下着がおすすめです。


■厚手のボトムスや重ね着を避ける

下着の通気性の良いものにしても、ボトムスの通気性が悪ければどうしても蒸れてしまいます。

寒い冬などはつい重ね着したくなりますが、汗をかきやすくなるため、できるだけ通気性の良さを保つようにしましょう。


■陰毛の処理をする

陰毛の処理をする陰毛の処理をする

ニオイの原因の蒸れを軽減させるために、アンダーヘアをお手入れすることはとても大切です。

毛量を減らしたり、短くそろえることで汚れも付着しづらくなります。


■食生活の見直し

食生活の見直し食生活の見直し

すそワキガの原因のひとつとして、肉類や脂っこい食べ物が原因でニオイを発生させていることがあります。

アポクリン汗腺を活性化させるような肉類は控え、野菜を多くとるように心がけましょう。

6.デリケートゾーンの正しい洗い方

正しい洗い方正しい洗い方

普段、表面だけなんとなくさすって流す、といった洗い方をしていませんか?デリケートゾーンは尿や経血が付着しており、汚れが溜まりやすい部分です。きちんと洗えていない場合はニオイが発生してしまいます。

デリケートゾーンの洗い方はなかなか雑誌やテレビで紹介されることがないため、間違った知識で洗ってしまっている方も多くいると思います。

誤った洗い方を続けていると、様々なトラブルに繋がってしまうため、正しい知識を身に付けましょう。

■毎日洗う

デリケートゾーンは毎日洗うようにしましょう。雑菌を繁殖させないためにも、毎日清潔に保つことが大切です。

■手で優しく洗う

デリケートゾーンは他の皮膚に比べとても繊細です。刺激を与えないように、やさしく素手で洗うようにしましょう。

■ひだになっている部分は指を使う

デリケートゾーンの中でもひだの裏側は特に汚れが溜まりやすい部分です。指の腹を使って丁寧に洗うようにしましょう。

■ぬるま湯で洗い流す

ここでも刺激を与えないようにぬるま湯で洗い流すようにしましょう。

7.ニオイケア専用の石鹸で洗おう

デリケートゾーンは一般の石鹸で洗いすぎてしまうと、良い常在菌も一緒に洗い流してしまう事があり、逆に悪い菌が繁殖しやすくなります。


エフタスデオソープエフタスデオソープ

そこで、「エフタスデオソープ」は、ニオイの元となる汗や皮脂をすっきり洗い流すことでニオイにくい肌へ導いてくれます。一般の石鹸では落としきれない汗や皮脂を洗い流すことで、ニオイを発生させる原因から解消してくれるのです。

ニオイケア専用の石鹸でデリケートゾーンを優しく洗ってあげましょう。

8.まとめ

デリケートゾーンは他人とのニオイを比べづらく、自分のニオイを不安に思っている方も多くいると思います。

デリケートゾーンはワキと同じように、ニオイを発生させるアポクリン腺という汗を分泌させる汗腺が多く存在する場所のため、正しいケアが必要です。

また、ニオイが気になるからといって強く洗うのではなく、指の腹を使って優しく洗ってあげましょう。

ニオイケア専用の石鹸で洗うことは、ニオイ対策への近道です。

こちらの記事もおすすめ

PAGETOP

  • facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2019 F+S all rights reserved